面皰圧出|ニキビの芯を出す治療法

ニキビができたら、絶対に潰してはいけないとよく言われますね。
潰したら広がってしまうし、痕が汚くなって余計に大変なことになるからです。

この説は勿論嘘ではありませんし、
自分の指で引っかいたりつぶしたりするのは本当にNGです。

しかし、皮膚科では面皰圧出といって、
いわばニキビを潰して治療する方法が行われているのです。

具体的にいうと、ニキビの芯を押し出して、
菌もニキビ菌のエサも取り除いてしまうということなのです。

でもどうして潰すのはNGなのに病院でこんな治療法が行われているのでしょうか。
そして、この方法で本当に効果があるのかということが気になりますね。

結果的には、効果的ですし早く治る方法といえます。

ただ、コメドと呼ばれる白くて小さい初期段階のニキビに限り使える方法で、
赤くなったり膿を持ったりしているものにはこの方法は使えません。

潰してしまったりして悪化しないのかと気になるところですが、
病院では専用のコメドプッシャーという器具を使ってしっかり芯を押し出し、
滅菌処理もきっちりしているので悪化の心配はないでしょう。

自分で潰して悪化する理由は、潰したところに新たな雑菌が入ってしまうことと、
潰し方が下手で傷になってしまうからなのです。
コメドの状態の時は膿が出たりもしないので、周りに広がる心配も特にありません。
他に気になるところといえば、やっぱり痛いのではないかというところでしょうか。

その点に関しては、確かに薬を塗るだけの方法と比べると、
穴をあけて芯を押し出すわけですから痛みは伴います。

大人ニキビはコメドが大量に発生することが多いので、
これを全部面皰圧出法で潰していくのはかなりつらい治療になってしまうかもしれません。

薬を塗るより早期に綺麗に治すことができるのが最大のメリットなのですが、
やはりこの痛みという点は最大のデメリットなのですね。
そんなに数が大量でなく、早く治したいという場合は、
面皰圧出で治療すると良いかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です