敏感肌でも使える!低刺激の日焼け止め、その見分け方

敏感肌でも使える低刺激の日焼け止めかどうかを見分けるためには、
成分についてチェックするとが大切です。
アレルギーのある成分が入っていないことを確認することも大事ですし、
なるべく肌を刺激する成分が入っていないことを確認することも大切です。

どのようなものに反応するか分かりませんで、
添加物については少ないものを選びましょう。
そのため、無香料、無着色、アルコールフリー、防腐剤フリー、無鉱物油、
石油系界面活性剤フリーのものから選ぶと安心です。

紫外線をどのように防ぐのかも大切なポイントです。

紫外線吸収剤は肌の上で反応が起きるため、肌への負担が大きくなります。
紫外線を吸収して熱エネルギーに変えることで紫外線対策をするので、
肌への刺激が強くなって敏感肌の方には負担になります。

紫外線吸収剤を使っている製品はケミカルなもの、
紫外線吸収剤は使っていないものをノンケミカルと表示します。
ノンケミカルなものは紫外線散乱剤を使って、紫外線を散乱させて防ぐという形になります。
紫外線散乱剤を使用しているタイプのものを選ぶようにしましょう。

数値の高いものは肌への負担が大きいです。
そのため、あまり大きな数値のものが必要ない日常紫外線カットのものと、
レジャーなどにしようする数値な大きなものを状況に応じて使い分けるということも大切です。

肌に優しいものなら日常的に使っていても肌への負担が小さいため、
1年を通して安心して使うことができます。

紫外線は窓からも入ってきますので室内にいるときにも日焼け止めは必要です。
負担の少ないものを選ぶようにしましょう。

汗をかいたりすると塗り直すことも必要です。
塗り直しが簡単で肌に負担をかけないもののほうが敏感肌には向いています。

使用感も重要で、さらっとしたタイプのものには注意が必要です。
さらっとしているタイプにはエタノールが含まれていることが多いからです。
アルコールフリーのほうが低刺激ですから、
さらっと使えるタイプが良い方は、どのような成分が配合されているのか、
しっかり確認してから判断しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です