ニキビ肌改善の基礎は「正しい洗顔」

ニキビを改善するには正しい洗顔が不可欠です。
誤った顔の洗い方をしていては、いつまで経っても治ることはないでしょう。

まず、顔を洗う前にしっかりと手を洗います。

手に雑菌が付着していると、その雑菌がニキビに入り込んで
炎症が悪化してしまう可能性があります。
必ず手を石鹸で洗ってから顔を洗うようにしましょう。

続いてはぬるま湯で顔全体を濡らし、毛穴を開かせてあげます。

毛穴が閉じた状態だと皮脂が汚れが落ちきらないので、
まずはぬるま湯で毛穴を開かせることが大切です。
最も効果的なのはお風呂にあら20分ほど浸かることです。
毛穴がしっかりと開き、汚れや皮脂が落ちやすくなります。

洗顔をする時は、泡立てネットで泡を十分に立ててから洗顔料を顔につけます。
弾力が強い泡になるまでゴシゴシと泡を立てましょう。
泡立てが不十分だと皮脂や汚れを落とせないので注意が必要です。

もこもことした泡が出来上がったら、それを顔につけます。
そして手で円を描きながら顔全体に広げていきます。
そして優しく顔を擦っていきましょう。皮脂が特に多い鼻周りやおでこ、
頬は重点的に洗ってください。ただ、慎重に擦らなければ傷ついてしまい、
ニキビが悪化するので気をつけましょう。

毛穴が傷つくとそこから菌が侵入したり、汚れが中に入り込んでしまう危険性があります。

最後はぬるま湯で泡をすべて洗い流します。
この時に洗い残しがあるとニキビの原因となるので気をつけます。
そして冷水を顔全体にかけて毛穴を引き締めます。
これにて正しい洗顔は終了です。

この方法を続けていればきっとニキビは改善されていくはずです。
逆にこの方法ではないとニキビの治りが遅くなってしまいます。
最初は手順が面倒に思うかもしれませんが、毎日続けていくことで習慣化していき、
スムーズに行えるようになるので心配ありません。
大事なのはニキビを治したいという気持ちです。
やる気があれば正しい方法を毎日実践することができるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です