アトピーの人のための保湿とスキンケア

アトピーと言えば皮膚のバリア機能が低下してかゆみや炎症等のトラブルが起こる疾患です。
幼い頃から長年悩んでいる人も多いのではないでしょうか。
かゆみによって皮膚を掻くことで炎症や傷を作ってしまい、
病院に行くと処方されるのはアレルギーの内服とステロイド、
そしてステロイドで改善したらワセリン等の保湿剤の塗布、という処置が一般的です。

自身が罹患したことのない医師からは、「かゆくてもかかないように」
と当たり障りのない言葉をいただきますが、当の本人は我慢なんてできません。

それくらい、アトピーという疾患は強いかゆみを伴うんです。

では、なぜそんなにかゆみを伴うかと言うと、
皮膚のバリア機能が低下していることで「皮膚の乾燥」が起こるためです。

なので、どうやって治せばいいかをシンプルに表すと、
「皮膚の乾燥をなくせばいい」、ただそれだけです。
それには自宅でのスキンケアがとても重要になってきます。

皮膚が乾燥しているということは、皮膚1つ1つの細胞に水分が不足して、
細胞がキュッと縮こまってしまっています。

そのために細胞と細胞の間に隙間ができてさらに乾燥をしたり、
隙間に外からの刺激が加わってかゆみを引き起こしたりトラブルの原因となってしまいます。

よくスキンケアとして「保湿剤を塗るように」と言われますが、
細胞の間に隙間ができている状態で皮膚の表面に保湿剤を塗っても、
表面に蓋をするだけで根本的な解決にはなりません。

重要なのは、細胞にしっかり水分を与えてその上に蓋をすることです。
つまり、しっとり系の化粧水等を何度も何度も皮膚に与えて、
細胞1つ1つを水分で満たして膨らまし、その上で上から保湿剤で蓋をする、
というスキンケアを毎日自宅でコトコツ継続することで、
細胞の間の隙間をなくし、外からの刺激も皮膚に入れなくなります。
すると、自然とかゆみも出なくなってきます。

またアトピーは季節の変わり目で皮膚が不安定になり悪化することも多いので、
季節の変わり目や、乾燥しやすい冬にはしっかりスキンケアをすることで、
改善されていきます。

長年アトピーに悩んでステロイドを使用していると色素沈着もあるかもしれませんが、
上記のスキンケアをしっかり行って肌が改善したら、
美白系の化粧品やエステに少し通うことで、かなり綺麗になるので参考にしてみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です