ニキビ肌改善の基礎は「正しい洗顔」

ニキビを改善するには正しい洗顔が不可欠です。
誤った顔の洗い方をしていては、いつまで経っても治ることはないでしょう。

まず、顔を洗う前にしっかりと手を洗います。

手に雑菌が付着していると、その雑菌がニキビに入り込んで
炎症が悪化してしまう可能性があります。
必ず手を石鹸で洗ってから顔を洗うようにしましょう。

続いてはぬるま湯で顔全体を濡らし、毛穴を開かせてあげます。

毛穴が閉じた状態だと皮脂が汚れが落ちきらないので、
まずはぬるま湯で毛穴を開かせることが大切です。
最も効果的なのはお風呂にあら20分ほど浸かることです。
毛穴がしっかりと開き、汚れや皮脂が落ちやすくなります。

洗顔をする時は、泡立てネットで泡を十分に立ててから洗顔料を顔につけます。
弾力が強い泡になるまでゴシゴシと泡を立てましょう。
泡立てが不十分だと皮脂や汚れを落とせないので注意が必要です。

もこもことした泡が出来上がったら、それを顔につけます。
そして手で円を描きながら顔全体に広げていきます。
そして優しく顔を擦っていきましょう。皮脂が特に多い鼻周りやおでこ、
頬は重点的に洗ってください。ただ、慎重に擦らなければ傷ついてしまい、
ニキビが悪化するので気をつけましょう。

毛穴が傷つくとそこから菌が侵入したり、汚れが中に入り込んでしまう危険性があります。

最後はぬるま湯で泡をすべて洗い流します。
この時に洗い残しがあるとニキビの原因となるので気をつけます。
そして冷水を顔全体にかけて毛穴を引き締めます。
これにて正しい洗顔は終了です。

この方法を続けていればきっとニキビは改善されていくはずです。
逆にこの方法ではないとニキビの治りが遅くなってしまいます。
最初は手順が面倒に思うかもしれませんが、毎日続けていくことで習慣化していき、
スムーズに行えるようになるので心配ありません。
大事なのはニキビを治したいという気持ちです。
やる気があれば正しい方法を毎日実践することができるでしょう。

敏感肌でも使える!低刺激の日焼け止め、その見分け方

敏感肌でも使える低刺激の日焼け止めかどうかを見分けるためには、
成分についてチェックするとが大切です。
アレルギーのある成分が入っていないことを確認することも大事ですし、
なるべく肌を刺激する成分が入っていないことを確認することも大切です。

どのようなものに反応するか分かりませんで、
添加物については少ないものを選びましょう。
そのため、無香料、無着色、アルコールフリー、防腐剤フリー、無鉱物油、
石油系界面活性剤フリーのものから選ぶと安心です。

紫外線をどのように防ぐのかも大切なポイントです。

紫外線吸収剤は肌の上で反応が起きるため、肌への負担が大きくなります。
紫外線を吸収して熱エネルギーに変えることで紫外線対策をするので、
肌への刺激が強くなって敏感肌の方には負担になります。

紫外線吸収剤を使っている製品はケミカルなもの、
紫外線吸収剤は使っていないものをノンケミカルと表示します。
ノンケミカルなものは紫外線散乱剤を使って、紫外線を散乱させて防ぐという形になります。
紫外線散乱剤を使用しているタイプのものを選ぶようにしましょう。

数値の高いものは肌への負担が大きいです。
そのため、あまり大きな数値のものが必要ない日常紫外線カットのものと、
レジャーなどにしようする数値な大きなものを状況に応じて使い分けるということも大切です。

肌に優しいものなら日常的に使っていても肌への負担が小さいため、
1年を通して安心して使うことができます。

紫外線は窓からも入ってきますので室内にいるときにも日焼け止めは必要です。
負担の少ないものを選ぶようにしましょう。

汗をかいたりすると塗り直すことも必要です。
塗り直しが簡単で肌に負担をかけないもののほうが敏感肌には向いています。

使用感も重要で、さらっとしたタイプのものには注意が必要です。
さらっとしているタイプにはエタノールが含まれていることが多いからです。
アルコールフリーのほうが低刺激ですから、
さらっと使えるタイプが良い方は、どのような成分が配合されているのか、
しっかり確認してから判断しましょう。

アトピーの人のための保湿とスキンケア

アトピーと言えば皮膚のバリア機能が低下してかゆみや炎症等のトラブルが起こる疾患です。
幼い頃から長年悩んでいる人も多いのではないでしょうか。
かゆみによって皮膚を掻くことで炎症や傷を作ってしまい、
病院に行くと処方されるのはアレルギーの内服とステロイド、
そしてステロイドで改善したらワセリン等の保湿剤の塗布、という処置が一般的です。

自身が罹患したことのない医師からは、「かゆくてもかかないように」
と当たり障りのない言葉をいただきますが、当の本人は我慢なんてできません。

それくらい、アトピーという疾患は強いかゆみを伴うんです。

では、なぜそんなにかゆみを伴うかと言うと、
皮膚のバリア機能が低下していることで「皮膚の乾燥」が起こるためです。

なので、どうやって治せばいいかをシンプルに表すと、
「皮膚の乾燥をなくせばいい」、ただそれだけです。
それには自宅でのスキンケアがとても重要になってきます。

皮膚が乾燥しているということは、皮膚1つ1つの細胞に水分が不足して、
細胞がキュッと縮こまってしまっています。

そのために細胞と細胞の間に隙間ができてさらに乾燥をしたり、
隙間に外からの刺激が加わってかゆみを引き起こしたりトラブルの原因となってしまいます。

よくスキンケアとして「保湿剤を塗るように」と言われますが、
細胞の間に隙間ができている状態で皮膚の表面に保湿剤を塗っても、
表面に蓋をするだけで根本的な解決にはなりません。

重要なのは、細胞にしっかり水分を与えてその上に蓋をすることです。
つまり、しっとり系の化粧水等を何度も何度も皮膚に与えて、
細胞1つ1つを水分で満たして膨らまし、その上で上から保湿剤で蓋をする、
というスキンケアを毎日自宅でコトコツ継続することで、
細胞の間の隙間をなくし、外からの刺激も皮膚に入れなくなります。
すると、自然とかゆみも出なくなってきます。

またアトピーは季節の変わり目で皮膚が不安定になり悪化することも多いので、
季節の変わり目や、乾燥しやすい冬にはしっかりスキンケアをすることで、
改善されていきます。

長年アトピーに悩んでステロイドを使用していると色素沈着もあるかもしれませんが、
上記のスキンケアをしっかり行って肌が改善したら、
美白系の化粧品やエステに少し通うことで、かなり綺麗になるので参考にしてみてください。

おすすめ化粧水の成分とスキンケア

顔は常に乾いた空気や紫外線にさらされており、人に最も見られるところです。
スキンケアは必要なことであり、毎日怠ることなく続けることが美肌への一番の近道です。
スキンケアの目的は、保湿や美白、アンチエイジングなど様々です。
スキンケア化粧品は、目的に合わせたものを選ばなければ、
当然ながら欲しい効果は得られにくいです。

年齢を問わず、肌の悩みで多いのが乾燥肌です。

保湿効果が優れている化粧水の成分は、ヒアルロン酸やリピジュア、
セラミド、トレハロースなどです。中でもヒアルロン酸は、
1gで6リットルもの水分を抱える力がありますので、
肌がもちもちと柔らかくなります。

リピジュアは、乾き目を解消するコンタクトレンズ用品や目薬にも使われるもので、
保水力と持続性に優れている成分です。

ヒアルロン酸の2倍の保水力があるとも言われ、
水洗いをしても保水力が低下しないという特徴を持っています。

セラミドは、もともと角質層にある保湿成分で、
敏感肌でも安心して使えるおすすめの成分です。

潤いは、長いもので24時間続くと言われていますので、
敏感肌と乾燥肌の改善に注目の成分です。
そして甘味料として知られているトレハロースにも、
高い保水力があることが知られています。
また、細胞を保護する作用もあります。
おすすめの化粧水は、これらの保湿成分が含まれているものです。

化粧水を肌に塗る際には、手のひら全体に馴染ませてから、
優しく顔を包み込むようにします。肌に押し込むように強く叩いたり、
摩擦のある塗り方は絶対にしてはいけません。

美白やアンチエイジングはスペシャルケアとして、
美容液やオイルをプラスするというスキンケアが良いです。

保湿も美白もアンチエイジングもと、
ひとつの化粧水にたくさんの有効成分が配合されているものは、
品質の良い製品を除いて、際立った効果が感じにくい場合があります。
保湿で潤い、整った肌の状態で使用する方が、
容液の浸透も良く、オイルの栄養も行き届きやすくなります。

やはりスキンケアは正しい知識と毎日のケアです。
美魔女と言われている方は、そうしたことを怠りません。
美魔女のスキンケアに関しては、
http://www.faxuexinxi.com/
でも紹介されております。

面皰圧出|ニキビの芯を出す治療法

ニキビができたら、絶対に潰してはいけないとよく言われますね。
潰したら広がってしまうし、痕が汚くなって余計に大変なことになるからです。

この説は勿論嘘ではありませんし、
自分の指で引っかいたりつぶしたりするのは本当にNGです。

しかし、皮膚科では面皰圧出といって、
いわばニキビを潰して治療する方法が行われているのです。

具体的にいうと、ニキビの芯を押し出して、
菌もニキビ菌のエサも取り除いてしまうということなのです。

でもどうして潰すのはNGなのに病院でこんな治療法が行われているのでしょうか。
そして、この方法で本当に効果があるのかということが気になりますね。

結果的には、効果的ですし早く治る方法といえます。

ただ、コメドと呼ばれる白くて小さい初期段階のニキビに限り使える方法で、
赤くなったり膿を持ったりしているものにはこの方法は使えません。

潰してしまったりして悪化しないのかと気になるところですが、
病院では専用のコメドプッシャーという器具を使ってしっかり芯を押し出し、
滅菌処理もきっちりしているので悪化の心配はないでしょう。

自分で潰して悪化する理由は、潰したところに新たな雑菌が入ってしまうことと、
潰し方が下手で傷になってしまうからなのです。
コメドの状態の時は膿が出たりもしないので、周りに広がる心配も特にありません。
他に気になるところといえば、やっぱり痛いのではないかというところでしょうか。

その点に関しては、確かに薬を塗るだけの方法と比べると、
穴をあけて芯を押し出すわけですから痛みは伴います。

大人ニキビはコメドが大量に発生することが多いので、
これを全部面皰圧出法で潰していくのはかなりつらい治療になってしまうかもしれません。

薬を塗るより早期に綺麗に治すことができるのが最大のメリットなのですが、
やはりこの痛みという点は最大のデメリットなのですね。
そんなに数が大量でなく、早く治したいという場合は、
面皰圧出で治療すると良いかもしれません。